〜腐女子篇〜
一般書〜BL本をドクショするサイト
ネット小説の紹介もハジメマシタ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    新劇エヴァンゲリオンQ 感想
    0

      新劇Q見てきましたー!!!!

      Qを見るのが怖くて、みなさんの感想やネタバレを見てから行ったんですが

      やっぱりカヲルくんは死んでしまうんですね。。。。。
      この喪失感がこたえるので、見に行かないようにしていたんです。


      アスカも元気だし、もしかしたらという期待は見事に打ち砕かれました。
      カヲル君が前作から、ずっーーーーと
      「君を幸せにしてみせる」
      とか言ってたのに。シンジ君をおいていきました。

      うう、悲しすぎる。

      けども、中盤のカヲル君とシンジ君の馴れ合いは、もはやカップルですね。
      あのいちゃいちゃぶりには大満足です。

      カヲル君の言動にいちいち反応しちゃうシンジ君。そりゃあ、あんな甘い言葉をささやかれたら、たまんないよね。
      イケメンのどあっぷは、殺人的でした。

      お気に入りは、ピアノの前に座ったシンジ君を背後から襲う(そういう風に見えた)かそうでないかのぎりぎりの接触が良かった。
      あれは本当にドキッとしたよ。

      それから一緒に星を眺めているときの、カヲル君が実はシンジ君を見ていたとことか。
      しかも、星についてではなく、シンジ君について話すという
      ナイス変態ぶり!を観客に見せていました。

      あと、シンジ君のチョーカーを外す手がなんとなく淫靡な感じが・・・。
      カヲル君は、やっぱり歩く18禁のような気がAはします。

      そんなラブラブを打ち破る、父ゲンドウ。
      やめてよ、息子はカヲル君に夢中なんだから、と直接会えるなら言ってやりたいです。

      そうなのですよ。シンジ君は、カヲル君に頬を染めていました。
      恥らう姿が、乙女でした。きっとこの世界中の誰よりも、「女子」だと思います。
      女子力の高さにAは恐れました。

      まあ、この2人のワールドの外側はよく見れば、すっごく荒廃しているので、(人間関係もめちゃめちゃ)シンジ君がカヲル君とラブラブしちゃうのは、致し方ないかなと。

      だってね。14年の眠りから覚めたシンジ君にいきなり、状況説明もないまま監禁しちゃあダメでしょう、ミサトさん。

      分けがわかってないから、ネルフに戻っちゃうんだよ〜。

      14年も経ったのに、誰一人大人になれない登場人物に、イラッとしました。
      まあ、いつものことか。

      エヴァの人物像で共通していることって、
      みんな「LOVE ME」なとこかなとAは思います。

      自分が愛されてないから、私を愛してよ。って感じがする。
      give and takeで、先にtakeを要求しているんだよね。

      だから変な話になっちゃうんだと思うな〜

      だからシンジ君は、カヲル君にいっちゃうんだよ〜
      カヲル君って、あの世界じゃあ、聖母とかキリスト的な無償愛をシンジ君に与えてるもんね。そりゃあ、惚れちゃうよね。




      おおかみこどもの雨と雪
      0
         こんばんわ。Aでございます。

        やっと週末を迎えました〜。お疲れ様なのです。

        さあ!

        そんな金曜日の夜を映画談義で楽しみましょ!!!

        ということで今週発売を迎えた『おおかみこどもの雨と雪』をご紹介。

        ネタバレを含みます。続きからどうぞ〜
        続きを読む >>